資源管理とは
資源管理の取り組み状況
富山県では、今後も将来にわたって沿岸漁業を営んでいくために、平成元年度からホッコクアカエビとマダイを対象に、関係漁業者が主体となって資源管理に取り組んでいます。またその後、富山湾の名産であるベニズワイを資源管理の対象に追加し、漁獲限度量を設定しています。
○ホッコクアカエビ

・操業日数の削減による漁獲量の抑制
休漁

・網目の拡大による小さなエビの保護
網目合

○マダイ

・手のひらサイズの小さなマダイを再放流
・定置網に混獲された小さなマダイを一定サイズになるまで蓄養・放流
再放流

○ベニズワイ

・年間漁獲限度量を800トンに設定
こういった取り組みは、あくまで自主的なものであることから、より効果のある手法が求められています。


Copyright(C)2001 toyamaken gyogyou kyoudou kumiai rengoukai