富山湾について
「だから美味しい富山のさかな」

富山県で漁獲される魚の美味しさや種類の豊富さ・新鮮さはかねてから定評があり、特に、冬季に定置網で漁獲される脂の乗った「寒ブリ」や、春に漁が始まるホタルイカやシロエビは、富山県の特産として全国に良く知られています。
これら富山の魚は、富山湾に特有な自然環境の恵みによって生み出されるものであり、この「神秘の海・富山湾」をご紹介しましょう。


富山湾は日本海のポケット

日本海のポケット富山湾は、日本海側の中央に位置し、若狭湾に次いで大きな湾です。また、太平洋側の駿河湾や相模湾とならび日本でもっとも深い湾のひとつです。
富山湾は、大陸棚が狭く、深い海が海岸の近くまで迫っていることが大きな特徴です。また「藍瓶(あいがめ)」と呼ばれる16もの海底谷があり、そこは良い漁場となっています。海底谷とは、現在の海底が陸地だった時代の川の跡といわれています。


暖流と深層水

暖流と深層水日本列島のまわりを、暖流と寒流がぐるりととり囲んでいます。
日本海側には対馬海流(暖流)が北に向けて流れていて、富山湾にもその一部が能登半島に沿って入ってきます。このため、暖流系の魚がこの流れに乗って富山湾に入ってきます。
一方、対馬海流の下には日本海固有水(深層水)とよばれる海水があります。この深層水は常に水温が2℃以下で冷たく、栄養が豊富で、きれいな状態に保たれています。そこには冷水系の魚が棲んでいます。
このように富山湾では、暖流の対馬海流と、冷たい深層水が2階建ての家のようになっていて、暖流系と冷水系の両方の魚が数多く見られます。


富山湾のふしぎ

 富山湾には、ホタルイカ、蜃気楼、埋没林など、さまざまな不思議があります。それらは、富山湾特有の自然条件が生みだしたものです。

ホタルイカ 海底林
ホタルイカ
 ホタルイカは毎年3〜6月頃、産卵のために富山湾にやってきます。卵や生まれたての赤ちゃんの頃と、産卵のとき以外は、ほとんどのホタルイカは富山湾から離れて生活しています。
ホタルイカは、日本の周辺の海に広く分布していますが、富山湾は海底地形が急に深くなっているため、岸に寄りやすい条件にあると考えられます。
ホタルイカは体全体に発光器をもち、驚いたりすると、腕の先の発光器を強く光らせます。
群れをなしたホタルイカが岸近くで見られるのは、世界的にもめずらしいことです。

光るホタルイカ
蜃気楼
 地面や海面の近くで、冷たい空気と暖かい空気が重なったとき、その境目に目に見えない大きなレンズができることがあります。そのレンズによって、そこを通る光が曲げられるので、遠くの景色が伸びたり船が逆さまになったりして見えるのが蜃気楼です。
 富山湾の蜃気楼は、春だけでなく、冬にも見ることができます。

蜃気楼
埋没林・海底林
 何千年も前の樹木が、地中に埋もれて腐らずに残ったのが埋没林や海底林です。
 有名な魚津埋没林は、約2千年前に地球が温暖化して海面が上昇したため、海岸近くの森林が海に沈み、その上に土砂が積もったためできたと考えられています。
 このほか、入善町の沖では海底林が見られます。これは約1万年前の樹木で、大陸棚が昔は陸地であったことの証拠といわれています。

埋没林


富山湾でよく行われている漁法
富山湾は、その恵まれた自然条件から、とても良い漁場となっており、古くからたくさんの種類の漁業が発達してきました。それは、漁業者の方々が富山湾の地形にあった魚のとり方の工夫を重ねてきたからです。
富山湾では、「定置網漁業」を中心とした沿岸漁業がさかんに行われています。
このほか、富山湾から日本海では「いか釣り漁業」、「かにかご漁業」などの沖合漁業が、そして太平洋をはじめ世界の海では、「まぐろはえなわ漁業」などの遠洋漁業が行われています。
私たちが毎日おいしい魚を食べることができるのは、自然の恩恵を大切にしながら、さまざまな漁法を編み出してきた人々の努力のおかげだということを忘れてはならないのです。

定置網漁業
定置網漁業 定置網漁業は、富山湾の沿岸漁業を代表する漁法で、富山県の漁獲量の70%以上をしめています。定置網は富山県で考え出され、各地に伝わっていったといわれています。富山県の沿岸には、およそ160の定置網が設置されており、ブリ、マグロ、スルメイカ、アジ、サバ、イワシなどをとっています。また、ホタルイカをとる専用の定置網もあります。
早朝、沿岸に敷設されている定置漁場へ行き、網に入った生きている魚を水揚げするので、鮮度は抜群です。
敷網(八そう張網)漁業
敷縄漁業 八そう張網漁業は、あらかじめ網を海底に沈めておいて、電燈の光を利用し魚を集め、8隻の船により、その網を引き上げ、包み込むようにして魚をとる方法です。氷見沖合で、秋から春にかけて、イワシ、ソウダカツオ、カマス、スルメイカ、ニギス、などをとっています。他県にはない大変めずらしい魚のとり方として知られています。

いか釣り漁業
いか釣り漁業 いか釣り漁業は、夜、船に多くの電燈をつけ集まってきたイカを釣り上げます。富山湾内はもちろん、日本海全域でさかんに行われています。

かごなわ漁業
かごなわ漁業 かごなわ漁業は、海底にエサを入れたかごを沈めておいて、エビ、バイ、ベニズワイをとる方法です。ベニズワイのとり方は魚津の漁業者が考え出した方法で、今では日本各地で行われています。

刺網漁業
刺縄漁業 魚の通り道を遮断するように網を張り、網目に刺させたり絡ませたりして魚を捕まえる漁法です。大きく分類すると、網の設置場所によって底刺網と浮き刺網に分けられます。

小型機船底びき網漁業
小型機船底びき縄漁業 袋状の網を漁船で引いて魚介類を獲る漁業です。ホッコクアカエビ・ズワイガニ・ゲンゲ等は主にこの漁法で漁獲されます。

さより機船船びき網漁業

さより機船船びき縄漁業 サヨリを目的に2隻の漁船が平行に並んで一つの網を引く漁業。サヨリは海面近くを遊泳する性質があることから、網は海面を引きます。


Copyright(C)2001 toyamaken gyogyou kyoudou kumiai rengoukai