漁協系統の仕組みと役割
県内JFグループの組織
組織の紹介

1. JFグループについて
JF(漁協)は、漁業者が自分たちの生産活動等を円滑に行うために、協同して出資・利用・経営している自治的な組織で、富山県内には海面漁協が11漁協(沿海漁協10,業種別漁協1)あります。

これらの海面漁協と生産組合等が出資し、全県的な指導団体としてJF富山漁連が設立・運営されています。さらに全国組織として、各都道府県の漁連等を会員とするJF全漁連が組織されています。
また、JFグループでは、消費者の方々に親しまれ、信頼され、選ばれる「漁協と日本の水産物」のイメージ形成のために、統一呼称を「JF(ジェイエフ)」とすることを決定しました。
今後、JFグループは、国産水産物の安全・安心・新鮮さを消費者にアピールするため、 「JF」ブランドの確立に向けた運動を展開していきます。

富山県漁連の会員


Copyright(C)2001 toyamaken gyogyou kyoudou kumiai rengoukai