漁協系統の仕組みと役割
漁連の事業
漁協の事業について

漁業協同組合(漁協)は、農協・生協等と同じく「協同組合」の組織形態であり、水産業協同組合法という法律に基づいて設立・運営されている団体です。
漁協は協同組合の一形態ですので、中間的非営利法人に分類されており、漁協そのものの営利を目的とした活動を行うことはできず、あくまで組合員である漁業者が生産活動等を円滑に行うことができるよう、組合員のために事業を行っています。
また、こういった組合員に対する事業活動のほか、沿岸域の環境保全、海難救助、国境域の監視等といった多面的・公益的機能も果たしています。


漁協の事業の特色

1)営漁と生活に結びついた総合事業である
2)組合員の協同活動にもとづく事業である
3)組合員のための事業である
4)指導事業を基礎とした事業である
5)系統組織全体を通じた事業である


(1)指導事業

漁協系統の指導事業は、漁業者の生活改善及び計画営漁の推進、漁業者の協同意識の高揚、教育・広報活動、漁業振興に必要な諸制度の整備・拡充を目的とした諸事業を実施する事業です。それ自体が、直接収益をもたらすものではありませんが、組合員の営漁・生活環境を整備・改善していくうえで漁協にとって必要不可欠な事業です。


(2)経済事業

1)信用事業
2)共済・漁済事業
3)購買事業
4)販売事業
5)冷凍・冷蔵、加工事業
6)漁業自営事業


(3) 富山県漁連の事業

富山県漁連では、県下漁協の指導団体として、指導事業及び経済事業(購買・販売)を軸とした事業展開をしています。

【主な事業内容】
(指導事業)
「美しい富山湾」を守る活動
適正な漁獲量の管理によって水産資源を守る活動
・漁業の担い手(新規就業者等)を確保・育成する活動
「富山県のさかな」のPR魚料理教室の開催等、魚食普及に関する活動
・漁協合併等の推進
・漁業政策全般に関する活動
・漁業者に対する操業安全の啓発普及 etc.

(経済事業)
・漁業者等に対する物資の供給(漁船用燃油、灯油、漁業用資材、一般生活物資の供給)
・「富山湾のキトキトの魚」にこだわった産直販売


Copyright(C)2001 toyamaken gyogyou kyoudou kumiai rengoukai